ぼんやりと俄雨

日記、手記、雑記、テキストデータ。日常で思い浮かんだ事、感じた事を平凡に吐き出します。

どうもこんばんは。

私です。

 

友達の創作物を見ると、何か創作してみたくなりますね。そうですね。

私も久しぶりに何かをやってみたくなりました。

 

以上です。

感想(6年ぶり3度目のプレイ)

どうも、私です。

ナルキッソス1をやり終えました。

そんなわけで感想を書いていきます。

その前のちょっと説明。

 

 

ナルキッソスとは

― ど こ ま で も 一 号 線 を 西 へ ―

現代、暗い、主人公とヒロイン、どっちも死にます。

公式サイトより。

 

十数年前に公開されたフリーゲームです。

私の職業とか卒論とか色々影響を与えています。

 

・昔の私

最初クリアした時はとても気分が落ち込んだのを覚えています。

やりきれずにマウスカーソルをぐるぐる回して気づいたら1時間経っていたくらい、なんとも言えない気持ちになりました。

ただ鬱ゲーやったから鬱になったとかそんなことではなく、現実を突きつけられた不安と似た物を感じた気がした記憶があります。

 

・そんなこんなで今回の感想

ネタバレは極力しないように書きます。

昔はなんとも思わなかったセリフが、今現在だと刺さるものがあります。

特に刺さったのがラストシーン直前のセツミのセリフですね。

諦めを持って現実と向かい合う事は、逃げに取られるかもしれませんが、自己を守るという意味もある気がします。

弱い自分を守るために避け続ける、逃げ続ける。

私も諦めで生きているので、とても共感出来ました。

 

特にラストシーンが好きなのでダラダラと書いて行きます。

やはりラストシーンはいいですね。

えーなんでそういう終わり方!と思う人はそこらへんのドラマを見てればいいと思います。

人生というのは一つの物語だと思います。

始まりから終わりまで独りで綴る物であると私は考えています。

思う様に綴れない時もあると思いますけど、それはそれでって感じですが。

なので最後の締めを他人が決める、他人と一緒に、というのは、それは人生に対する冒涜ではないでしょうか。

やはり締めは自分で決めるべきです。

なので主人公の終わり、セツミの終わり、それがまさしく人生なのかなって思います。

なのでやっぱりPSP版のエピローグは嫌いですね。

 

あと、ナルキッソス2において、「誰が為に」という章があります。

誰が為に、いい言葉ですね。

何の為に、ではなく、誰が為に。

利己的ではなく、利他的な言葉です。

まあ誰のところに自分と当てはめる事も出来ますが。

誰が為に生きているのか言われたら、私は良くしてくれる人の為、と答えるでしょう。

良くしてくれるという事だけで、どれだけ自分は生きていけるか。

誰が為に死ぬのかと言われても、良くしてくれる人の為、でしょうね。

 

 

酒飲みながら文章は書くものではないですね。

なんだかんだぐちゃぐちゃで支離滅裂に書いてしまいましたが、やった事ない人はやってみた方がいいですよ。

おすすめです。

 

 

 

 

 

どうもこんにちは。私です。
最近は忙しく気づいたら一日中が終わっていることが多々ありますが、なんとかやっていけてます。

最近、フリーゲームナルキッソスの話を3年ぶりくらいにする事が出来ました。寝る時間を惜しんでまでのめり込んだ6年ほど前を思い出しました。

もし病気であと数年で死んでしまうとしたら。考えるだけでいい時間潰しになりますね。
昔はこんな感じの事をずっと考えていましたが、最近はただ何も考えず、目に入る事だけしか物事を受け取っていない気がします。

そんな最近ですが、昔友達が言っていた、歳をとって自分の感性を失いたくないという言葉を思い出しました。
私の感性はだいぶ昔と変わってしまい、もう私の中にあの頃の自分がいない気がします。

あの頃の自分は、様々な物事に何かしらの答えを見つけようとしていました。何度も何度も答えのない問題を考え続けて、もがき苦しんでいた気がします。今振り返ると、そんな日々もとても良い思い出なのではないかと思います。

そんな眩しかった日の頃を思い返しながら、来週あたりはナルキッソスをやってみようかなと思います。

 

「したたか」な生き方に憧れ、果ての見えない道を転がり歩いたが、手に入れたのは腰痛のみ。

 

どうも皆様、こんにちは。私です。

本日はお日柄も良くなく、4月になったというのに、春らしさを微塵も感じる事ができません。

まだまだ肌寒く、ダウンコートが手放せませんね。

本日は買い物に行きたいなとか、昼はラーメンでも食べに行こうかなとか、いろいろと楽しみにしていたのですが、何もせずもうこんな時間です。待機を命じられてから6時間。進展がありません。

こんな時こそぱーっと何かやりたいなっと考え、人誘うなり何なり行動を起こすのですが、まわりが乗ってこない時が多いです。

やはり運のない時は悪い方にしか進みませんね。

今日は1人寂しく一杯やろうと思います。

それではこの辺で。さようなら。さようなら。

 

 

タール21mg

昔吸っていたタバコを買った。
特に深い理由はない。ただなんとなく目に止まったからだ。
火を付けると懐かしい味がしたが、同時にとても重く感じ、すぐに消してしまった。自分が変わってしまったなと思った。

思い返すと、この一年で変わってしまった気がする。
酒に弱くなった事。趣味がなくなった事。帽子を被らなくなった事。
あれほどまで好きだった帽子をなぜを被らなくなったのか。
理由は思いつかない。今となってはなんであんなに帽子を被っていたのだろうと不思議に思う。
昔の自分は帽子で何かを、他人には隠しておきたい何か、隠していたではないかとさえ思う。
理由を知りたいが、もうあの頃には戻れないし、誰かが教えてくれるわけではない。

とりあえず、残りの19本、吸い終えるまで昔の自分を感じようと思った。

にわか雨

雨の日が好きだ。

休日前に飲む酒の次くらいに好きだ。

雨の降る音、匂い、温度。あの何とも言えない包み込まれた空気を感じると安心する。

その中でもしとり、しとりと地を湿らせるように降る小雨が良い。そんな雨は、やっていやがる、と思う。とても良い。

そんな日はベランダに出て、1人寂しくタバコなんかを吹かしてコーヒーを飲むのが堪らない。

そんな雨の様に書いていけたらいいなと思う。